仙台市ポーツ少年団
Sendai-shi junior sports clubs - date-kids
各区スポーツ少年団の活動報告

2013.2.4更新



平成24年度宮城野区スポーツ少年団交流大会
目 的: 区スポーツ少年団が交流活動を通して友情・親睦を図り、健全な少年少女の育成に寄与することを目的に実施されました。
日 時: 平成25年1月14日(日) 午前9時〜午後4時
会 場: 若林体育館
内 容: 午前中−体力テスト、午後−キンボールで交流
参加者: 子供 111名、指導者16名、母集団 26名、 合計 153名
※体力テスト・・・ 子供たちは各種目担当者の指導の下、楽しみながらも全力で取り組んでいた。
能力のあるスポーツ少年団員なので本年度は適性検査要領に沿って行った。
そのせいもあってか1級は1名のみであった。
団指導者はテストカード裏面のプロフィールを作成、各個人の指導に役立てて頂きたい。
※キンボール・・・ 団員たちは順番がまわってくるのが待ちどおしい様子でした。
毎年小学生でも守ることができるゆるめの規制で行っております。また、本年度は組み合わせの都合上母集団から一組参加していただきました、本気のボールヒッティングでした。
当日は、大雪になり一時間ほど早めの閉会でした。
▲宮城野区スポ少椎名副本部長開会 ▲来賓の挨拶
宮城野区体協田中理事長
▲小畑運営委員長の
体力テスト概要説明 
▲準備体操指導する芳賀理事 ▲準備体操を真剣に取り組む子供達 ▲上体起こしに取り組む子供達 
▲腕立てに取り組む子供達 ▲午後はキンボールで盛り上がる ▲庄司指導協委員長閉会の挨拶 
このページのトップへ



24年度宮城野区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会
平成24年11月10日(土)宮城野区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。 
日 時: 平成24年11月10日(土)18:00〜
会 場: 宮城野消防署3F研修室
テーマ: 「心肺蘇生法とAED実技講習」
講 師: 宮城野消防士4名
参加者: 22名
  今年度も、11月10日土曜日の夜18時からの1回のみで実施いたしました。
初めての参加者が16名で皆さん緊張して、実際の実技研修では戸惑いながらの体験をされていました。4つのグループ編成で人形を使い実施しましたが、何回受講しても手順が解らず緊張の連続でした。講習終了後の質疑応答でも様々な質問があり、大変有意義な研修会でした。
▲講師の消防士による講義
▲心臓マッサージの方法
▲AEDに取り組んで
▲庄司委員長開会の挨拶
▲AEDの使用方法を学ぶ
▲講義を聴く参加者
このページのトップへ



平成23年度宮城野区スポーツ少年団交流大会
目 的: 区スポーツ少年団が交流活動を通して友情・親睦を図り、健全な少年少女の育成に寄与することを目的に実施されました。
日 時: 平成24年1月15日(日) 午前9時〜午後4時
会 場: 若林体育館
内 容: 午前中−体力テスト、午後−「オリンピックデー・フェスタin宮城野」(JOC主催)に参加
参加者: 子供 184名、指導者 30名、母集団 40名、 合計 254名
JOC: オリンピアン 7名、関係者数十名
※体力テスト・・・ 子供たちは各種目担当者の指導の下、楽しみながらも全力で取り組んでいた。1級が4名と少数であった、団指導者はテストカード裏面のプロフィールを作成、各個人の指導に役立てて頂きたい。
※オリンピックデ―・フェスタin宮城野
東日本大震災の被災地の子供たちと元五輪選手が交流する JOCの支援事業。
アテネ五輪の競泳女子自由形金メダリスト柴田亜衣さん、元プロ野球ロッテのエース  だった黒木知宏さんらオリンピアン7人が、オリンピックの五輪の色に分けた子供たちの グループにそれぞれ入り、綱引き・大縄跳び・手つなぎ鬼ごっこで競い合いました。オリンピアンと触れ合った子供たちは将来の夢が溢れるような笑顔だった。
▲仙台市スポ少安中本部長のあいさつ ▲元五輪7人のオリンピアン
▲宮城野区スポ少菅野本部長あいさつ ▲上体起こしに取り組む子供たち
▲準備体操の指導する八巻副委員長 ▲アスリートと手をつなぎ触れ合う子供たち
 
元オリンピック選手とふれあう、宮城野区スポーツ少年団の子供たち
▲陸上/短距離 佐藤光浩さんと記念写真 ▲水泳/競泳アテネオリンピック出場 金メダリスト柴田亜衣さんと
▲プロ野球、元ロッテの黒木知宏さんと準備体操 ▲オリンピアンの入場
▲体力テストで1級の表彰を受ける子供たち ▲綱引きで交流を深める子供たち
▲最後に全員で記念写真(オリンピックデー・フェスタin宮城野)1月15日
<印刷用PDF版>平成23年度宮城野区スポーツ少年団交流大会 .pdf
このページのトップへ



23年度宮城野区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会
平成23年11月19日(土)宮城野区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。 
日 時: 平成23年11月19日(土)18:00〜
会 場: 宮城野消防署3F研修室
テーマ: 「心肺蘇生法とAED実技講習」
講 師: 宮城野消防士1名
参加者: 20名
  今回は、19日土曜日の夜18時からの1回のみで実施いたしました。
初めての参加者が13名で皆さん緊張して、実際の実技研修では戸惑いながらの体験をされていました。数回参加している方もいましたが、何回受講しても手順が解らず緊張の連続でした。講習終了後の質疑応答でも様々な質問があり、大変有意義な研修会でした。
▲講師の消防士による講義
▲心臓マッサージの方法
▲AEDに取り組んで
▲人工呼吸の方法
▲AEDの使用方法を学ぶ
▲講義を聴く参加者
このページのトップへ



青葉区スポーツ少年団冬季交流会ボウリング大会
2月26日(土)、団員相互の親睦を目的として、青葉区スポーツ少年団の冬季交流会
(ボウリング大会)が開催されました。
日 時 平成23年2月26日(土) 9:30〜11:00
会 場 シービック仙台(青葉区台原)
参加者 チーム(4名):18組 人数;75名
表 彰 個人: 優勝〜第10位、飛び賞15位〜75位
 
投球風景
各チームの皆さん
木町チーム 旭丘チーム 国見チーム
栗生チーム 大沢チーム 吉成チーム
立町チーム・通町チーム 川前チーム 荒巻チーム
自分のスコアを確認
成績発表・表彰
全員にうれしい参加賞
このページのトップへ


泉区スポーツ少年団「運動適正テスト判定会」
1月29日(土)、泉区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。
日 時: 平成23年1月29日(土)
テーマ: 運動適正テスト判定会
主催者: 泉区スポーツ少年団・指導者協会
参加者: 92名
 
泉区スポーツ少年団では、「ウォークラリー・in泉」として泉区大会を10年間開催してきましたが、今年は第11回目の節目ですので、理事会で何か新しい企画を考えて、日本本部でも提唱している「運動適正テスト」をすることにしました。
1月29日(土)、朝早くから公認の体力テスト判定員や役員・ご父兄の方々にもご協力頂き、5種目のコート作りから始めました。
開会式のあと、5単位団、男女92名の団員達がテストに参加しました。
1)立幅とび 2)上体起こし(腹筋) 3)腕立伏臥腕屈伸(腕立伏) 4)時間走(シャトルラン)の4つのコートに分かれて判定会が始まりました。
「立幅とび」でパンジージャングでないのに、”踏み切り線”からなかなか飛び出せない子供、「腹筋」で足を押さえる子と”ゴッツンコ”となりそうなグループ、「腕立て伏せ」は男子は相手が馬になりその背中に足を乗せる、女子は相手の背中に毬乗せて”腕立て伏せ”をするのでやりにくいようでした。「シャトルラン」は、規定の15秒間のながさに息を切らしていました。全員が4種目終了すると、水分補給と休憩をしてからメインイベントの「5分間走」に入りました。
一周80mのコートを半分の人が走り、残りの人が走者の走った距離を記録するのです。例えば10周と半分走れば840mと計算します。次にメンバーを交代して走者を記録者とします。
判定会が終わり昼食後、ニュースポーツのキンボールを全員が一丸となり協力しあい楽しみました。
判定会の最中、母集団の方々は2階の会議室で「泉区スポーツ少年団の現況」と「母集団のあり方」を指導者協議会の先生のもとで研修会が行なわれました。
判定会の結果は、2級5名、3級10名、4級26名、5級33名、級外14名、棄権4名の成績でした。指導者達は予想外の子、予想以上の子が居て、今後この数値を参考に良い所はもっともっと伸ばし、弱い所は補強してあげるよう努力したいと思いますと、子供達もそれなりに納得したようで、次回はもっとがんばるとの返事に安心しました。
このページのトップへ



宮城野区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会
11月13日(土)・11月17日(水)、宮城野区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。
 
日 時: 平成22年11月13日(土)18:00〜 
平成22年11月17日(水)14:00〜
会 場: 宮城野消防署3F研修室
テーマ: 「心肺蘇生法とAED実技講習」
講 師: 宮城野消防士3名
参加者: 23名
  今回は、初めてウイークデーの午後14時からと土曜日の夜18時からの2回に分けて実施いたしました。13日土曜の夜の参加者が16名で、17日(水)日中の参加者は7名でした。やはり日中の参加者は少なく、次回の開催の課題です。参加者も始めて受講する方と、数回参加している方といましたが、何回受けても、手順が分からず戸惑いを感じた人が沢山おりました。講習終了後の質疑応答でも様々な質問があり、大変有意義な研修会でした。
▲講師の消防士
▲心臓マッサージ
▲心臓マッサージに取り組んで
▲軌道の取り方
▲AEDの使用法を学び
▲講師の消防士
このページのトップへ



平成22年度宮城野区スポーツ少年団交流会
8月7日(土)、宮城野区スポーツ少年団交流大会が若林体育館で開催されました。
 
目 的: 区スポーツ少年団が交流活動を通して友情・親睦を図り、健全な少年少女の育成に寄与することを目的に実施されました。
日 時: 平成22年8月7日(土) 午前10時〜午後4時
会 場: 若林体育館
内 容: 午前中−体力テスト、午後−交流会(キンボール)
出席者: 子供:71名、指導者:9名、母集団:23名、合計:103名参加
講 評: キンボールは2コートで実施、ルールは緩やかにし、チームで協力し合う事、楽しむ事が大前提のゲームでした。猛暑にもかかわらず、団員たちは大いに楽しんだようで、なかなか終了の合図が出せないほどでした。
▲仙台市スポーツ少年団 安中俊作 本部長
▲体力測定風景
▲宮城野区スポーツ少年団 菅野浩佳 本部長
▲宮城野区体育協会会長 池田友信 様
▲体力測定1級合格者
▲キンボールのゲーム風景
このページのトップへ


泉区スポーツ少年団「H22年度救命救急講習会」
6月23日(土)、泉区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。
 
日 時: 平成22年6月23日(水) 18:00〜
会 場: 泉消防署 3F体育館
テーマ: 救命救急講習会
参加者: 21名
梅雨時のウィークデーの夜ということで、参加人数が心配でしたが、21名の指導者並びにご父兄方々の参加を頂きました。
指導の消防士の方は、前年度まで119番の指令に居たということで119番発信の指導から始まり、簡易止血法や骨折・捻挫の応急処置法を教わりました。
続いて、人口呼吸や心臓マッサージの方法を行ない、本気でやると結構つかれました。
AEDは倒れている人の意識があるかを確認してから、119番する人、近くからAEDを持ってくる人、そのあいだに人口呼吸をしながら心臓マッサージを行ない、AEDを待ちます。AEDはアナウンス通り操作を行って救急車がくるまで続けます。
21人を半分にわけてグループごとに順番に訓練を受けました。中には数回受けてる人もいましたが、何回受けても実際現場では仲々声が出ないことも教わり、私達もこれからも何回か受けないと実際には大変だと感じました。
このページのトップへ


若林区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会
5月15日、若林区スポーツ少年団の母集団・指導者研修会が開催されました。
 
日 時: 平成22年5月15日(土) 13時〜
会 場: 若林区中央市民センター 2階セミナー室
テーマ: 「心肺蘇生法とAED実技講習」
講 師: 仙台市立病救命救急部様から医師と看護婦の方を講師としてお招きし、実例を基に心肺蘇生
方法と、AEDを使用して講義をしていただきました。
出席者: 24名
講義風景
ビデオ講習
AED実技講習
実際の医療の現場では、限られた短い時間内で措置を実施しなければならず、今回の講習内容とほぼ
同じ内容で2日間行なわれるとの説明に、参加された方々も真剣に取り組んでました。又、講習終了後の
質疑応答でも様々な質問があり、有意義な研修会となりました。 
このページのトップへ


太白区スポーツ少年団 団員交流ボウリング大会
2月21日(日)、太白区スポーツ少年団団員交流ボウリング大会が開催されました。
 
日 時: 平成22年2月21日(日)
会 場: ベガスベガス
 
インフルエンザの心配がありましたが、流行が沈静化したことで、交流会を実現できました。
6年生男子を中心に84名の参加申込を得、6人づつのグループに分かれて2ゲームを楽しみました。
パワフルな上級生に混って、1・2年生の小さい仲間達も、力いっぱいの投球でストライクを狙いました。
思うようなコースを進んでくれないボールにハラハラドキドキ。一投一投に拍手と歓声が上がり、笑顔がいっぱいの一日でした。
 
このページのトップへ


太白区スポーツ少年団指導者・母集団研修会
1月30日(土)、太白区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。
 
日 時: 平成22年1月30日(土)
会 場: 富沢市民センター
テーマ: ケガをしないためのテーピング法
 
ケガをさせないことは、スポーツ指導での大切な項目と思います。今回は、ケガの予防ということに重点をおいて研修しました。
新井田一史先生と、助手先生お二人による実技指導、指導者はもちろん、母集団のお母様方が大変熱心に取り組んで下さいました。
各団に於いて、子供たちの体を守るために役立てて下さることでしょう。
 
このページのトップへ


太白区スポーツ少年団指導者・母集団研修会
12月2日(水)、太白区スポーツ少年団指導者母集団研修会が開催されました。
 
日 時: 平成21年12月2日(水)
会 場: 富沢市民センター
演 題: スポーツ少年団のための食事と栄養
「正しい食習慣でトップアスリート」を目指そう」
 
栄養士の後藤美知子先生のお話しを伺いました。
成長期の子供のうちに、正しい食習慣をつけることの大切さ。又、毎回の活動で必要であり、知りたい事柄、試合前日は? 当日は? 補食は? 等々についての御指導もいただきました。
「食事はトレーニングです。毎日の積み重ねが勝利への近道です」という言葉が印象的でした。
このページのトップへ

宮城野区スポーツ少年団交流大会
8月22日(土)、宮城野区スポーツ少年団交流大会が宮城野体育館で開催されました。
  
目 的: 区スポーツ少年団が交流活動を通して友情・親睦を図り、健全な少年少女の育成に寄与することを目的に実施されました。
日 時: 平成21年8月22日(土) 午前10時〜午後4時
会 場: 宮城野体育館
内 容: 午前中−体力テスト、午後−交流会(キンボール、インディアカ)
出席者: 子供113名・指導者15名・母集団28名 合計156名参加
区西田理事長の司会進行
 
 
 
 
 
上体起こしで、頑張る子供たち
 
 
菅野区本部長の挨拶
 
 
 
 
安中仙台市本部長の挨拶
 
 
 
吉谷区指導協副委員長
             日程内容の説明 
 
 
 
キンボール遊びで盛り上がる子供たち
 
 
 
 
来賓祝辞
前衆議院議員中野まさし様
 
 
最後に子供たち全員で集合写真
みんな大満足の一日で、笑顔いっぱい
このページのトップへ


太白区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会
7月4日、太白区スポーツ少年団指導者協議会指導者研修会が開催されました。
 
日 時: 平成20年7月4日(金) 19時〜
会 場: 西多賀市民センター
テーマ: 「スポーツ時の熱中症予防」
講 師: 大塚製薬株式会社仙台支社様から講師をお招きし、講義をいただきました。
出席者: 35名
受付風景
区指導協宍戸会長の進行で
スタート
田中区本部長の挨拶
講師紹介。

手前が質疑応答担当の塚本裕子先生
(ニュートラシューティカルズ事業部学術担当係長)

奥が講義担当の小幡桃子先生
(仙台営業所所属)
大塚製薬様から
ポカリスエット他の
提供を戴きました
小幡先生の講義

「スポーツ時の熱中症予防」
真剣に聴講する
参加者のみなさん
講義後質疑応答
質問に答える塚本先生
このページのトップへ


第7回青葉区スポーツ少年団冬季交流会ボウリング大会
2008年3月23日に青葉区のシービック仙台にて団員相互の親睦を目的として
ボウリング大会が開催されました。
    参加チーム20組 参加人数82名
 
表彰 個人の部 優勝 奥村 康介 (木町通フレンズ 
準優勝 大倉 雄穀 (吉成野球
第3位 庄子 隼斗 (栗生
投球風景
各チームの皆さん
スコアはいくつ?
成績発表
全員にうれしい参加賞
このページのトップへ


第6回青葉区スポーツ少年団ボウリング大会
2006年3月12日に青葉区のシービック仙台にて団員相互の親睦を目的として
ボウリング大会が開催されました。その時の概要をお知らせします。
    参加チーム20組 参加人数80名
 
表彰 団体の部 優勝 栗生スポーツ少年団
準優勝 立町少年野球
第3位 旭丘少年野球
個人の部 優勝 木村 ゆうすけ 立町少年野球
準優勝 小田島 舜   吉成サンシャインミニバスケットボール
第3位 赤間 恒哉   吉成サンシャインミニバスケットボール



このページのトップへ


第6回青葉区スポーツ少年団研修会(指導協合同)
2006年2月24日に青葉区のハーネル仙台にて研修会が開催されました。
今回はグループ討議を行いました。
 
テーマは「少子化に伴うスポーツ少年団の今後の在り方」でした。
出席者17名
このページのトップへ


平成17年度青葉区スポーツ少年団並びに指導者協議会総会
2005年4月5日に柏木市民センターで総会が開催されすべての議案が可決承認されました。
 
議案は次のとおり
第1号議案 平成16年度 事業報告
第2号議案 平成16年度 収支決算報告並びに監査報告
第3号議案 平成17年度 事業計画案
第4号議案 平成17年度 予算案
第5号議案 役員改選
 
このページのトップへ


第5回青葉区スポーツ少年団ボウリング大会
2005年3月20日に、青葉区のシービック仙台にて団員相互の親睦を目的として
ボウリング大会が開催されました。その時の概要をお知らせします。
    参加チーム20組 参加人数80名
 
表彰 団体の部 優勝 旭丘少年野球
準優勝 上杉女子ミニバスケットボール
第3位 吉成サンシャインミニバスケットボール
個人の部 優勝 タザワリョウガ (北仙台ミニバス
準優勝 サナダマサミ (旭丘少年野球
第3位 ワガツマショウゴ (旭丘少年野球

緊張の始球式

大会風景

表彰式

父兄の応援
このページのトップへ


第5回青葉区スポーツ少年団研修会(指導協合同)
2005年3月11日に青葉区のハーネル仙台にて研修会が開催されました。
今回は2名の講師にご講演をいただきました。
 
  @『空手スポーツ少年団に関わって』 本部常任委員長 西山和人 様
A『心身共に美しくなれる栄養学』  大塚製薬 仙台支店
このページのトップへ

きみもスポーツ・キッズ!! 仙台市スポーツ少年団